「わたしはハッピー、13歳かわいくとってね!」

20140907093400002014090709310001

ハッピーちゃんはとても幸せなお嬢さんだと思いました。

ご主人様に写真を撮らせていただいてもいいですか?と、聞いたところ、すぐに、可愛く撮ってね!

この言葉を聞いただけで、どんなに愛されて、大切にされているのかがわかります。

13歳のわりには、足腰がしっかりしていて、けづやもよく管理のよさが伺われます。

「ちょっと!おじさん・・・?おじいさんか?まあどっちでもいいけど、かわいくとれたの?」

「ひとさまは、それなりに撮れるようだけど、わたしはお犬さまだから、かんたんでしょ!」

「なにー!このしゃしん?わたしもそれなりになってしまっているんじゃない・・?」

「しかもよ!あんたのカメラ、よくみたほうがいいよ!しゃしん、いっぱいつまっているんじゃないの?」

「みてみなさい!わたしのしゃしん、めがあらくない?」

「なに!めがあらいほうがわかくみえるからいい、なんて、おもっているんじゃないでしょうね・・?」

いえ・・・。決してそんなことは思っておりません?

ハッピーちゃんの言うとおり、写真がいっぱい入りすぎていました。今整理しました。

こんどは大丈夫です。でも、ハッピーちゃんは、可愛く、美しいスタイルに写っているように見えるけど?

今度はもっとよく撮るからね・・・。これに懲りずにまたお出で下さいませ。