パフィーちゃん元気で再び登場・・!

DSCF4691

11月4日AM6時40分、気温1度、はれ・・?いや・・くもり・・?時々風が音を立てて

通り過ぎて行く。それにしてもこの秋一番の冷え込み・・お・・さむうー・・!今日は枯れ葉でも

集めてサツマイモでも焼こうかなあー・・?サツマイモは濡れ新聞紙で包み、アルミホイール

で更に包み焚き火に投入する。長い時間じっくりと焼き上げることで甘味が・・なんと・・!

新聞紙が糖分でべたべたするほどになるのでありまーす・・!こんな焼き芋食べたことないで

しょー・・? いつも焼き芋を作る時は孫娘と一緒・・今日は金曜日・・明日が土曜日・・

今日は学校、明日は休み・・明日焼くことにするか・・? 天気はどうだ・・? 雨は降らない

ようだし・・やはり明日にする! お客様にも食べていただくようにサツマイモを仕入れておき

まーす・・!期待していてくださいね・・!

パフィーちゃん  「あんた・・!そんなこと言って・・!本当に大丈夫なの・・!」

「いつも、ちょうしいいんだから・・?いそがしくてできなかったとか・・?

てんきがわるくてできなかったとか・・?わたしの投稿もかなりおくれている

のに・・本当にだいじょうぶなのー・・?」

私     「・・う・・ん・・! ダ・イ・情・ブー・・! 」

パフィーちゃん  「なによ・・?だいじょうぶの字がだいじょうぶじゃないけど・・?」

私   「・・う・・ん・・! それでも大丈夫・・!約束する・・!」

「パフィーちゃん、また明日来るかい・・?」

「おいしい焼き芋食べさせてあげる・・・?」

パフィーちゃん  「あやしいぞー・・?わたし、行けないの知ってて・・!」

山の中で暮らす私達にとって、自然からの贈り物はたくさんある、春は山菜、涼しい夏、川に行けば

イワナが釣れ、秋にはキノコ・・そして、孫娘と一緒に焚き火をしながら、焼く・・サツマイモ・・!

のどかなひと時が展開される・・!一方で自然の厳しさも体験させられる・・!そんな生活が私は好きで

ある・・?

パフィーちゃん  「ますますあやしいぞー・・? 老人なのにそんなに自然が好きかー・・?」

「毎日温泉に入って、部屋はいつもポカポカ・・そんな生活が好きなんじゃないかー?」

「ほんとうのこと言ってみろー・・・? 明日焼き芋だいじょうぶかー・・?」

は・は・はあー・・・! おっと・・!入れ歯が落ちそうになった・・! ダ・イ・情・部・・?

パフィーちゃんまた来てね・・!