柴太郎君、5歳・・!名医でーす?

DSCF4297

5月10日AM6時半、気温15度、くもり、微風、どんより生暖かい。

なかなかいい天気が続かない?今日の予報は曇りのち雨、明日も同じようなお天気

になりそうです。

今朝起きてたばこに火をつけようとしたところ、親指の付け根から手首にかけて腱鞘炎らしき

痛みを感じた。けんしょうえんにかかるような仕事もしていないし、納得がいかない・・?

柴太郎君  「おまえ・・!何か悪い遊びしなかったか・・?」

「たとえば・・パチンコとか・・?しなかったか・・?」

私    「しない・・!忙しくてそれどころじゃなかったし・・?」

柴太郎君  「うそいうな・・? おまえ・・いつも、けんしょうえんにかかるときは、パチが

原因だろー・・?」

私    「うそじゃなーい・・!たまに、やりにいくだけで、けんしょうえんにかかるほどは

やってなーい・・!」

柴太郎君   「うそいうな・・?けっこうやってるだろー・・?」

「家族みんなが言ってるぞー・・!注意しろー・・!」

私     「本当にやってなーい・・!でも・・?なんでいたいんだー・・?」

柴太郎君   「・・ははーん・・!もうひとつかんがえられるのは・・?ところで・・歳、何歳だ・・?」

私    「・・えー・・と・・あまり、言いたくはないけど・・67歳・・」

柴太郎君  「ほら、ほら・・?そこが、一番のもんだいだぞー・・!  67歳も歳食っていて、何

勉強してきた・・?」

私     「何も勉強してこなかった・・!」

柴太郎君   「ほらほら・・?そこにもんだいがあるぞー・・!」

「いいかー!今からいうから、耳の穴ほじくって、よーくきけー・・!」

「いうぞー・・!と・し・の・せ・い・・・!老化現象ってやつだ・・!」

「しんぱいするなー・・!なんともない・・!がんばれ・・!!」

納得、なっとく・・!しんぱいない・・!またきてねー!柴太郎君は名医でした。