ハッピー君・・再登場・・15歳!

DSCF4285

5月9日AM8時、気温12度、1時間前より1度上昇、快晴、心地よい風。

申し分ない春のお天気・・!高原の桜もそろそろ終盤、また来る春を待たなければならない。

次の春まで待たなければならないのかと思えばえらく長いような気がしてくる、過ぎてみれば

あっというま・・!昨晩のNHKZEROを見た。宇宙の果てはあるのか?など、なんとも限りない

話し・・そんな宇宙を知ってどうなるのか?光の速さで何百億光年?我々の1年が長いだの短い

だののはなしではなーい・・!それからすると、犬の一生、人の一生なんてあまりにも短すぎる。

その一生を有意義に過ごしたいものである。幸せでありたい・・ハッピーが一番・・?

ハッピー君   「・・パパー・・!!!ぼくの一生ここで終わらせる気かー・・?」

「パパの手・・!」

「・・・パパー・・・!僕だんだん苦しくなってきたんだけど・・どうして・・?」

パパ   「ハッピー!!ほら!ちゃんと前をミロ・・!」

「写真撮ってくれるってさー・・ちゃんと前を向け・・!」

ハッピー   「僕、ちゃんと前をむいてるけど・・パパー・・の・・手・・首にー・・?」

パパ    「ハッピー・・!ほら・・!ちゃんと前をむけー!!!」

「・・こらー・・!ちゃんとむけ・・!」

ハッピー  「むいてる・・!むいてるって・・!・・あー・・!苦しい・・!死にそう・・!」

パパ    「ハッピー・・?いつまでも元気でいろよ・・?またつれてくるからな・・!」

ハッピー  「おじちゃーん・・?たすけてー・・!くるしいー・・!パパ、わかってなーい・・?」

いつまでも、いつまでも、いつまでも元気でいてください・・!

パパー・・いいかげん・・手をはなしてくださーい・・!またきてね!