チビちゃん、13歳男の子

DSCF4273

5月8日AM8時、気温7度、小雨、微風。すっきりしないお天気。

スカーとしたお天気はどこへやら・・?

あっちいったり、こちにきたり?している間に9時半になってしまった。

驚くなかれ・・お天気回復・・素晴らしい晴れになった。びっくりじいさんおおあわて?

日本ミツバチどうしたのかとか?庭のお掃除しなくては?とか?

もっとびっくりは、チビちゃんが大ちゃんになっている・・?まったく意味不・・?

なにを書いているのか支離滅裂・・?

チビちゃん  「あんたおたま大丈夫か・・?」「しっかりカケー!」

私     「チビちゃん・・?おたま?じゃなくてー、あたまじゃないかい・・?」

チビちゃん  「きにするなー・・!さらーっとながせ・・!さらーっと?」

「だれでもまちがいはあるー!!ききまちがい、かきまちがい、うちまちがい・・?」

「あんたもまちがってるぞー・・!」「僕の名前はチビちゃん、大ちゃんではなーい・・!」

私    「・・あ・・!そうだ・・!まちがっている・・!大ちゃんじゃなかったね・・?」

チビちゃん  「そうだろー・・まちがってるのわかったか・・?」

私    「失礼いたしました・・?でも・・?チビちゃんっていうわりには、大きいよね・・?」

チビちゃん  「またそんなこといってるー・・!大きくなーい・・大ちゃんじゃなーい・・!」

私   「でも・・おおきいよねー・・?」

チビちゃん   「また・・ゆってるー・・! いいかげんにしろー・・! くどいぞー・・!」

私   「性格と体型はなかなかなおりませんねー・・?」

チビちゃん  「・・え・・?体型って・・? まだゆってる・・?」

「くどい・・くどいぞ・・く・ど・い・・・くどいぞー・・?」

ごめん・・!直しておくね・・?またきてね・・!