シクラメンを有難う御座います!

DSCF3725

11月29日AM7時半、気温0度、くもり、微風、昨晩からけさにかけ

5センチの雪が積もった。標高700mの高原に住む私達にしてみれば5センチ

の雪は降ったうちに入らない・・?しかし今時の雪はいまいましい・・!

雪に対する心構えができていないからである。まだ除雪機も車庫の中、ゆきべら

を倉庫から取り出すことから始めなければならない。しかも朝早くの仕事ハジメ

が除雪・・!あーやだ・・?雪の無い季節は仕事前にまずはコーヒーを飲み、

タバコをすい、仕事につくサイン、おもむろに、さー仕事・・!

ところが、予想外の雪が降ると朝起きてすぐ仕事量マックス状態、昨日夜10時頃

外に出て見た時は降りそうではなかったのに・・? なんとなってるなだ・・?

亡き父はよく言っていた、幸司・・!先を読み、備えなさい・・!とね・・!

先を読まなくてもいいことがある。上のシクラメン、毎年11月下旬に送られてくる。

頑丈そうな葉、花弁の大きさどこをとっても申し分ない。しかも手入れなしで来年

7月頃まで咲きつづける。水は忘れたころにやればいい、肥料はやったことが無い、

それでも咲きつづける。なんとなってるなだ・・?不思議、ふしぎ・・?

守君本当に有難う、奥様にも感謝、感謝です。来春温泉に入りながら山菜でも採り

においでください。まってます・・!  シクラメンありがとうございました。