ほととぎす(花)

DSCF3587

11月12日AM7時、気温2度、晴れ、微風。

今季最高の冷え込み、空は雲ひとつない快晴、朝方はもっと寒かったに違いない。

たぶん0度以下になっていたと思う。放射冷却かな・・・?

ぶな、なら、とち等の葉は全て落ちてしまった。しかしやっかいなのはケヤキの木

茶色になった葉が雪が降るころまで残ってしまう。いっきに落ちてくれれば枯葉集

めに苦労しなくてもすむのに、此の木だけは毎日のようにぽろぽろ落ちてくる。

残った葉に雪が積もり、しまいには大きな雪球になる。重さに耐えられなくなった

枝はついには裂け落ちる。そもそもケヤキは豪雪地には向いていない樹木なのかも

知れない。そんな厳しい環境にありながらも耐え、成長している。

葉を落とす季節、そんな季節に花を咲かせている植物がある。上の写真、ホトトギス

である。凍るような気温の中で今が花季、自然とはなんとも不思議である。

もしかしたら氷河期の生き残り植物かもしれない・・?