名前は・じい・・だから若いころからじい・・?

DSCF3476

10月25日AM9時半、気温3度、雨?曇り?雪?・・朝7時頃パラパラと白いもの

が降ってきた。そんなに珍しいことではないが今年初のあられ・・!

まだまだ積もることは無いのでご安心を・・・!

じい、曰く  「あんまり正直に書くとお客様が来ないぞー・・!」

「ほどほどにかけー・・!」

私  「じい・・心配無用・・!ちゃんとフォローしてるだろ・・!」

「積もることは無いのでご安心を・・とね・・?」

じい  「正直ものはばかをみるぞ・・!」

私  「ところで、じいは正直に15年間過ごしたかい・・?」

じい 「もちろん・・!正直に生きてきた・・!」

「じゃが・・?わかいころは自分の名前がいやでのー・・?」

「いっとき、こころがおれてしまって悪いことばかりしてとうさん、かあさんに

迷惑かけたときもあった・・」

「よく考えてみると、小さい頃から、じい、とよばれているから今でも自分は小さい頃

と気持ちがかわっていないんじゃ・・!」

「わるいことはしたが、正直にわるいことをした。でもうそはいわなかったぞー・・!」

「今になって思うんじゃが、じいというなまえもいいもんじゃぞー!」

「おまえも、いまはじいと呼ばれているだろ・・?」「あまりふけるな・・!」

「わかった・・?」

解かりました。正直に・・投稿遅れてしまってごめんね・・!またきてね・・!