小夏ちゃん足湯に入ったの

DSCF2080

5月2日AM6時半、気温16度、またもや晴れ、すがすがしい朝、こんなに

晴れが続くとこのあと水不足が心配になってきてしまう。

「しんぱいは、わかるけど小夏ちゃんのことはやくかいて・・!」

わかりました。それでは、かきますよ!  小夏ちゃん背中だして・・!

「わたしのせなか、なにすんの・・?」

かいてあげるの・・!

「あんた・・!なにふざけてんのよ・・!そのかくじゃなく・・!書くのほうよ・・!」

「あんたわざとそんなことかいて、うけねらっているんでしょ!」

「わたしわかってるんだから・・!」「老人のだじゃれもそのぐらいにして!」

ところで、小夏ちゃんはなんで立ってるの?

「わかってるでしょ・・?いじわるなんだから・・?」

「左手になにかもってるでしょ・・!」

小夏ちゃんはうけねらいじゃなく、餌ねらいだね・・!はい・・あげる。

おりこうさん、わんちゃんでした。バイバーイ。