コタロウ君

DSCF1956

4月27日AM7時半、気温16度、先程より一度上昇、真夏の太陽のように

照りつける?ちょっとおおげさ、気持ちのいい朝。

コタロウ君は10歳、スタイルがいい、毛並みがまたいい。

ついつい頬ずりしたくなる。

自分は犬の鼻先がかわいくて、鼻と鼻をこすりあわせ満足している。

だから犬はたまったもんじゃない、いやだ!と顔をそむける、そむいた

顔を両手で正面に戻しさらに鼻をぐりぐりするのである。

そのあとが大変なのである犬のよだれ臭さがいつまでも残って消えない。

「あんたもいやなひとだね?」

「ぼくにそんなことしたらかみついちゃうぞ・・!」

「やめたほうがいいぞ・・!」

「犬の気持ちもかんがえろ・・!」

「わかったか?」

どーれ・・・コタロウ君にもしてあげる・・!こっちおいで・・!

またね・・!