おいしい焼き芋

DSCF1282DSCF1287DSCF1289DSCF1291

10月31日PM7時、気温10度、日中は気持ちのいい秋晴れ。

ぶなの森の枯葉、枯れ枝を集めのどかに焼き芋作り。新聞紙をぬらしサツマイモを包み、さらに

アルミホイールで頑丈に包み、灰の中に投入、あとは火が消えないように火力をみながら枯れ枝を

少しずつ入れていく。

ところがなんとびっくり、少し火元を離れている間にどんどん枝を入れてくれた気の利いた人有り。

あ・あ・あ・・・-赤い炎が立ち上がっているではないか!なすすべ無し、火力がおさまるまでただ

呆然と火をながめているだけ・・・!  このいまいましい火が早くおさまってくれればいいと思いな

ら待つ時間の長いこと、一日千秋の思い・・・?(あまりにもおおげさ?)

おさまってからは、待つだけ。約1時間もすると右上の写真のごとく・・!案の定焦げていた。

し・かーし・・!  そとは黒こげ、中はほかほか、甘さ最高・・・、おいしい、おいしい焼き芋で

した。次回はこげないように注意。焼き芋作りたい人、芋をご持参あれ・・・!