マック君、前回より若く見える・・!

DSCF4304

5月10日PM3時、気温15度、小雨、風ややあり・・今しがた降った雨で道路のほこり

くさいにおいがする。7日ごろだっただろうか?ブナが芽吹き出したと思ったら、今日は

林の中が薄緑に染まって見えるほどに葉が広がっている。気温が高いせいか、やけに成長が

はやい・・!

マック君は去年5月利用していただき、今回再登場でーす・・!

去年の写真より今回の方が若く写っているように見えるけど・・・歳を食ってしまったかな・・?

マック  「あたりまえだろー・・!飯も食えば、歳も食う・・だからだんだん若くなる・・!」

「あんたも歳はくったほうがいいぞ・・?」

「食い方教えようか・・?」

私    「マック君・・是非教えてほしいなー・・?」「若くなるならなんでもする・・!」

「次来たとき、無料でもいい・・!」

マック  「よーし・・!歳を食うには、大変だけど死ぬほどがんばれー・・!」

「いいかー・・!よーくきけー・・!ところで、何歳になる・・?」

私    「67歳・・!」

マック  「は、はーん・・?ずいぶん、としくってるな・・?」

「少し難儀するぞー・・!まず・・!歳を67個に細かくしろ・・!」

「注意しろー・・いちばんでかい出刃包丁で67個だぞー・・!」

「67にもなると、そうとうかたいからな・・!注意しろ・・?」

「いいかー・・切ったらすぐ、冷蔵庫にしまっておけー・・悪くなったらおしまいだぞー!」

「いいかー・・これからが肝心だぞー・・! お前のとしは相当硬いからくうにたいへんだぞー!」

「いちねんで2個づつ食べる・・!それ以上くったらくだるから気をつけろー・・!」

「まず・・一つくってみろ・・?  さいしょだから、少し小さめのにしろー」

「なにしてる・・?はやく、くえー・・!口の中でコロコロするんじゃなーい・・!」

「よーくかんで・・!はやく、くえー・・!コロコロするなー・・!」

「よーくかまないと・・くだるぞー・・よーくかめ・・!」

「なにしてる・・?はやく、くえー・・! 口の中でコロコロするんじゃなーい・・!」

「・な・・・な・ぬー・! 歯がねえー・・? 歯が折れたか・・?」

「・な・・・な・ぬー・! 折れる歯がない・・?」

「どういうことだ・・?」

私    「どうもこうも・・歯が無いのー・・!」

マック  「・・いみ・・わからない・・?  歯・・みえてるぞー・・!」

「・・あ! パックン・・か・・?」「どーれ・・?みせてみろ・・?」

「・・は・は・はー・・歯が無いことには、はなしにならない・・?」

「歳はくえないから、歳とるだけだー・・! そのままがんばれー・・!」

とんでもない事になってしまった・・!またきてね・・!