ナッツ君・・ママの手そんなに美味しいかーい!

DSCF4109

3月22日AM7時半、気温0度、昨晩からの雪が3センチ程積もった。現在もはらはら

と降っている。風はほとんどない。少しの雪が景色を一変させる。白銀の世界である。

雪が降らなと道路脇の寄せられた雪が解けて泥交じりの、綺麗とは無縁の景色・・!

4か月もの間、積もっては寄せられ、寄せられた雪が山のように道路の脇に積み重なり、

春まじかになると上から順番に溶け出す。溶水は浸透するが泥は浸透せず重なり合いな

がら白い山を薄汚く、泥色に染めていく。こんな景色を一変させてくれるのが今時の雪。

毎日3センチでいい・・!毎日降ってもいい・・多くなければ・・?今日は冬の景色が楽

しめそうである。  ところで、ナッツ君・・!君、きいてる・・?

ナッツ  「え・・?なに・・?--!おじさん・・なんかいった・・?」

私   「だから・・ナッツ君が来たときは、汚い雪だったろー!」

「今日はきれいだよ・・!っていってるの・・!」

「君・・きいてる・・?」

ナッツ  「僕、きいていなーい・・!けしきなんか、どうでもいいの・・!」

「ぼく・・いま・・いそがしいのー・・!」

私   「わかってる・・!それは・・いそがしい・・じゃなくて・・夢中っていうんだろ!」

「ママの手・・そんなに、美味しいかい・・?」

ナッツ  「うん・・!甘くて、おいちい・・!ぼく・・この味だいすき・・!」

私   「こまったもんだ・・?いつまでも気のすむようになめていなさーい・・!」

ここで、もう一枚写真をプレゼントするね・・!

DSCF4105

ご両人・・!とってもよく写っているね・・!またきてね・・!