知犬、りゅう君登場

DSCF1695

3月22日AM7時、気温3度、晴れ、春がとても近く感じる。道路に雪は無く、しかし

あいかわらず脇には雪の壁!その雪も日に日に少なくなっている、冬とのお別れ!

今までは一日も早く融けてくれればと思っていたはずが、少なくなくなってくると

どこか寂しい気がする。雪との戦いが終わりを告げているのに何故寂しい気がするの

か、もしかして、雪との戦いが好きだったか・・・・?

「あんたもおかしい人だね?」

「そんなこと考えていないで、ぼくのように今日一日、一日を楽しく、過ごすこと、

過去のことは忘れること、ただし楽しかったことは忘れないこと、明日のことは神様

だけが知っている。」「わかったか?」

「それと、ぼくの目を見て!この知的な目?」

「あんたの目はどよん・・?としてるぞ!もっときりっとしなさい!わかったか?」

りゅう君ありがとう、気をつけるね!またきて下さいね、バイバ-い・・・