僕、マロン・通称専務どうだ!

DSCF1481

12月7日AM7時、気温マイナス4度、はらはらと雪、ほとんど風無し。

この一週間で積雪量が60センチ、よくもこんなに毎日降れるものだと思いながらも

この季節はあたりまえなのかも知れない?

今朝何を食べたのかも忘れてしまう自分に去年のことなど覚えているわけが無い!

「マロン君そうでしょ?」

「その通り、おぼえているわけがないね!」「僕も12歳になったからあんたの言う事

よーくわかるようなきがするね?」

「ところで、マロン君は今朝なに食べたの?」

「うーーん、よくわかんない・・・!」「どうでもいいだろう!」

「そうだね・・!お互い、つっつきあうのはよそうね」

「マロン君のパパは社長さんで、マロン君は専務さんだそうですね?」

「そうなんだ!僕専務。だからいつも事務所でどかっと座って社長のめんどうみてるんだ」

「そうでないと、うちの社長なにしでかすかわからないから・・・・?」

これからも、パパの面倒みてね・・!こんどあうときは会長さんだそうです。また来てね!