白柴・ロック君に頭が下がります・・?

DSCF3330

9月23日PM6時、気温19度、陽が沈み暗くなってしまいましたが今日は一日

秋晴れの素晴らしいお天気でした。

9月24日PM4時、気温20度、くもり、微風。

昨日書き始めてまもなく用事が出来て書かれませんでした。

私のかわりに、深々と頭を下げてくれている人がいる。

息子さんでしょうか? いやいや・・本当に頭が下がります。

ロック 「おい!うちのにいちゃんに頭をさげさせておいて、じぶんはしらんふりか?」

「書けなかった理由をいえー・・・!」

私   「はい!えーと・・昨日、朝の仕事が終わってから山に舞茸採り・・!」

「3キロ、ゲット・・!」

「ルンルン気分、でも、疲れる・・なにせ老人だからね・・?」

「それから、少し休憩をしてー・・舞茸の汚れを取ったり、どのようにして

舞茸をお客様に提供したら喜んで貰えるか等料理研究・・?」

「決定したのがPM5時半、事務所にもどりホームページにむかったところが・・」

「そのまま・・・机に頭を伏せ・・パフー・・パフー・・」

ロック 「ほらみろ・・!用事ができてとかゆっててー??ねてたんだろー・・」

「まじめにやれーーー・・!!!!」

投稿遅れてしまいましたことお詫びいたします。またお出でくださいませ。

ロック君おこらないでね・・。お兄ちゃんにひとこと、ありがとう・・!