バロス&チョビ・・バーニーズ・・!存在感最大

DSCF3291

9月13日AM8時、気温19度、くもり、微風。

昨日、ホテルうしろのなめこ木を見て来たが全く生えていない。

生えているのは毒キノコ?だけ・・!毎年のことながら食用きのこ

が生えてくる前にはベニタケや名前の知らない毒キノコ類が顔を出す。

さてそこで食菌類と毒キノコの判別であるが、この判別が難しい・・!

私なりの判別方法を紹介すると、知らない又は食べた事の無いきのこは

全て毒キノコとして取り扱う。きのこの代表格にさわもだしというきのこ

がある。このきのこは歯ざわり食味とも優れものでしかも群生する。

倒木に群生した様はみごと・・!木全体が黄色に見える程である。

そこで注意しなければならない事がある。夢中でわさわさ採ら無いこと。

時間をかけてひとつずつ、丁寧に根を取り収穫する。生える環境によって

色合い大きさ様々に変わってしまうきのこ、群生に混じって生える知らない

きのこもある。だからひとつひとつ確認しながら収穫するのである。

1パーセントでも不信であるならば捨てる。100パーセントの確信が必要な

のである。ちなみに私が採るきのこを紹介しておきます。

舞茸、さわもだし、天然なめこ、かのか、ますだけ、むきだけ、はたけしめじ

以上7種類のみ・・!それ以外には眼もくれない。

「おーい・・!眼もくれないのはいいけど、わたしたちには眼を向けてー・・!」

「きのこの話、ながーい・・!」

「そんなこと書いてもだれもよろこばないよー・・?」

「それより・・?いつごろきたら、そのきのこ食べさせてくれるー・・?」

9月下旬頃かな・・?保証する・・!

「そんなこといって、1パーセントでも不安だったら書かない方がいいとおもうよ・・?」

あー!!そうだったね・・?でもとってくる・・!またきてね・・!

手前がバロスちゃん女の子5歳、後方チョビちゃん1歳でした。