めるちゃん・・4歳・・!

DSCF4370

5月23日AM6時半、気温17度、さわやかな晴れ、微風。ここしばらくいい天気が

続いている。本当にさわやか春・・こんな日はおにぎりを持って山菜採りにでも行きたい

気分。収穫の後の昼ご飯・・おにぎりとがっことお茶でいい・・他は何もいらない。

至福のひと時・・あっちのわらびは太いだの、こっちのわらびは細いだの・・あっちで長い

ものにあっただの・・・?

めるちゃん  「・・え・・? なーに・・?ながいものって・・?もしかしたら・・?」

私    「勿論・・めるちゃんが想像しているそれ・・のこと・・!」

「びっくりするぞー・・!」

めるちゃん  「それ・・どのくらい大きかった・・?」

私   「・・うーん・・2尺5寸ぐらいか? 大分ふとかったな・・!」

めるちゃん  「それ・・どのくらいふとかった・・?」

私   「・・うーん・・手首ぐらいはあった・・かな・・?」

めるちゃん  「・・わー・・気持ち悪い・・!・・で・・頭は三角じゃなかった・・?」

私   「勿論・・三角・・頭は三角・・尻はマル・・!目はパッチリで、色白で、口は耳元

までさけて、白髪三千丈、口中真っ赤に染まり、舌は長く天にも届かんばかりで先は二つ

に別れ、へらへらしていた・・! びっくりしたねー・・!」

めるちゃん  「・・へー・・ところで、その生き物、スカートはいてた?それともズボンはいてた?」

私   「どっちもはいてた・・!尚更びっくりしたねー・・!」

めるちゃん  「・・へー・・で・・くつ、はいてたかー・・?」

私   「勿論・・右に長靴、左にハイヒール、両手に花を持っていた・・!」

めるちゃん  「・・わたし・・しってる・・わたしもそんな生き物見たことある・・!みためより

その生き物かわいいよねー・・?」「・・わたし・・しってる・・!」

めるちゃんも中々やるねー・・そんな、めるちゃん・・だーいすき・・またきてね!

朝から意味不明・・!・・で・・この生き物なーに・・?